[本]『バビロンの賢者に学ぶ錬金術』(ジョージ・サミュエル・クレイソン 著)

著者ジョージ・サミュエル・クレイソンの著作『バビロンの大富豪』はナポレオン・ヒルやロバート・キヨサキの成功哲学の原典として有名です。本書『バビロンの賢者に学ぶ錬金術』は「大富豪になる秘訣がここにある!」という露骨な内容ではありますが、大切なことが何度も手を変え品を変え繰り返されています。何度も何度も。

その1つが、「収入の十分の一を貯蓄すること」他にも沢山ありますが、これが何よりの前提です。そういう考え方自体は物語と一緒にすっと入ってくるかと思います。小説のような味わい深さを備え持つ本でした。しかし、(これは蛇足ですが)帯やどこぞの本の紹介などで言われているように「複利」云々ということを期待して読むとガッカリするかもしれません。またこれをやればすぐ儲かる!という感じのものではないので、ご注意ください。私としては、子どもや子どもを持つ親に勧めることはあっても、独身の友人にはあまり薦められない(別の本を勧める)と思います。

※メモ※

金持ちになる方法

「稼ぎの一部(十分の一以上)を自分のために取っておく」と決意すること。富は木と同じく小さな種から育つのだ。君が蓄える最初の銅貨が富の木を育てる種になる。

バビロン王サルゴンと富豪アルカドの対話

サル「なぜそれほど富裕になったのか」…(中略)…アル「富への強い願望があっただけです」

財布を太らせる方法

  1. 収入の十分の九だけを使う
  2. 予算を組み、収入の9割以上を使わずに必需品(100%価値のあるもの)だけを買い、楽しみに使い価値ある欲求を満たす
  3. 金を動かし、家畜のように自然に増やし、収入(絶えず流れこむ富の流れ)とする
  4. 元金が安全に保たれ、望む時に取り戻せ、正当な利子を徴収できるところにだけ投資して、あなたの財産を守りなさい。知恵者に相談しなさい。有利にお金を動かしている経営者から助言をもらいなさい。その智恵で危険をはらむ投資から身を守るのです
  5. 自分の持ち家を所有せよ
  6. 老後と家族を守るために今から準備する
  7. 能力を開発し、より学び、より賢明になり、より腕を上達させ、自分自身を尊べるようになること

幸運を得たいならば

即行動。幸運の女神を一番喜ばせるのは「行動する人」。成功へ導くのは「行動」。

黄金の5つの法則

  1. 黄金は、稼ぎの十分の一以上を自分と家族の財産作りにあてる者に、すすんで集まり、数を増す
  2. 黄金は、儲かる仕事を見つける賢明な主人に熱心に仕え、羊のように数を増す
  3. 黄金は、専門家から助言を得て、投資に役立てる者に引き寄せられる
  4. 黄金は、専門家が認めない、不慣れな商売や目的に投資する者から逃げていく
  5. 黄金は、無理に儲けようとする者、詐欺師の誘いに乗る者、未熟な自分に頼り、投資を甘く考える者から逃げていく

大きな後悔よりも、小さな注意

友を助けたければ、相手の荷を背負わないようにやれ金貸しの名人はリスクを嫌い、確実に返せる保証を求める。

奴隷と自由人の違い

奴隷の魂は「奴隷に何が出来るか」と泣くだけだが、自由人の魂は人生を解決すべき問題ととらえ解決する。

借金/負債の返済方法と財布を鳴らす金の獲得方法

  1. 稼ぎの十分の一を貯蓄する
  2. 稼ぎの十分の七を、家、衣類、食べ物に使い、趣味や娯楽にかかる費用もそこから出す
  3. 稼ぎの十分の二を誠意をもって公平に貸し手に配分する



<新訳>バビロンの賢者に学ぶ錬金術
バビロンの賢者に学ぶ錬金術

コメント

人気の投稿