[本]『世界一わかりやすい「速読」の教科書』(斉藤英治 著)

一風変わった速読技術習得のための本です。内容は、以前読んだことのあるフォトリーディングの本に似ていました。速読の本というよりは、自己啓発本の延長といった方が印象的には近いかと思います。

ただでさえ時間のないビジネスマン、読むべき本は山積み。そんな人たちにとって、ある程度の距離を置いて読む限りにおいて読むならば、参考になる著書だと思います。


※メモ※

速読の技術で一番大切なこと

  • 「速く理解する」こと。「頭脳回転スピードを上げる」こと。
  • 素早く文字を追うことができる「目のチカラ」ではない。
  • 目から取り込んだ情報や知識をスピーディに処理する「脳のチカラ」速く読めるようになっても、理解がついていかなければ意味がない。

速く理解するために必要なこと

高速音声の聴き取りを訓練することにより、脳の回転スピードを速め、知能を高めることができる。

速読耳トレーニングの特徴

「目」と「耳」を同時に刺激する。聴覚野と連動するさまざまな領域が同時に活性化。

読書において大切なこと

  1. 本の中で発見した言葉や気付きが、ビジネスや毎日の生活の中でいかに役に立つか。
  2. 生きる上で必要な教訓や知識、考え方を得ることができるか。

本を読む前に自問すべき問い(明確な目標を立てる)

  • Why?――なぜ読むの?
  • What?――何を得る?
  • How?――得た知識をどう使う(生かす)?

速読は3段階30分

  1. プレビューを5分間行う。
  2. 5分間で全ページを写真読み。
  3. 残りの20分をスキミング法で読む。

プレビュー:5箇所で相手を見抜く

  1. カバー・帯
  2. カバーそで
  3. 目次
  4. まえがき、あとがき、解説
  5. 本文中の「見出し」「イラスト」「図表」

写真読み

ただひたすら全ページを機械的に、「とにかく見ればいい」。

スキミング

「文書全体を上から眺める」→「重要部分は速度を落としてきちんと読む」の繰り返し。




世界一わかりやすい「速読」の教科書

世界一わかりやすい「速読」の教科書

コメント

人気の投稿