[本]『最小限の数字でビジネスを見抜く 決算書分析術』(望月実、花房幸範 著)

内容としてはよくある感じの決算書関連書籍でした。分析のプロセスを学べるという意味で勉強になった本です。分析の際には、何よりも最初に「準備」をすること。当然のことですが、その点が一番の学びでした。

※メモ※

決算書を分析する前に、情報を集める

会計士でも、その企業の情報をまったく知らなければ、決算書から価値ある情報を読み取ることはできない。ちょっとした情報があるだけで、ずいぶん楽に決算書を読めるようになる。

決算書分析の時に仕様している7つの情報源

  1. 決算書
    • EDINET http://info.edinet-fsa.go.jp/
    • 企業のホームページ
    • 政府刊行物サービス・センター、大手書店
    • 帝国データバンク、東京商工リサーチ等の信用調査会社から決算書や会社の沿革
  2. 決算発表のデータ
    • 決算短信
    • 決算説明資料
    • 説明会の動画
    • 質疑応答
  3. ホームページ
  4. 新聞、ブログ
  5. アニュアルレポート
  6. 本、雑誌
  7. サービス

分析を行うときの4つのステップ

  1. 分析の目的を明確にする
  2. 比較表を作る
  3. 大きな数字を分解していく
  4. 数字を絞ってさらに分析する

海外では日本でヒットしたゲームソフトが1年遅れてブームになる

日本発売:2006年9月28日→米国発売:2007年4月22日、欧州発売:2007年7月27日

ROEとROAを比較する(欧米の投資家が最も重視する指標)

ROE…株主からの出資に対してどれだけのリターンを生み出しているかを示す

当期純利益を自己資本で割る。

ROA…保有する資産をどれだけ有効活用しているか

当期純利益を総資産で割る。

経営悪化を読み取るときの4つのポイント

  1. 自己資本比率(自己資本÷(自己資本+他人資本))
  2. 短期借入金の推移
  3. 有利子負債比率
  4. 営業活動によるキャッシュ・フロー

非上場の大企業

サントリー、JTB、ロッテ、大塚製薬、YKK、竹中工務店、リクルート、UCC、佐川急便。




最小限の数字でビジネスを見抜く 決算書分析術
最小限の数字でビジネスを見抜く 決算書分析術

コメント

人気の投稿