[映画]『サイコ』(アルフレッド・ヒッチコック 監督)

あまりにも反応的な流れで、原作の『サイコ』を観ました。映画とは斯くあるべしと言って言い過ぎではないくらいの名作でした。やはり映画(に限らず芸術作品全般に言えることでしょうが)は、一度観ただけで満足していてはいけませんね。最初観た時とは印象が大きく変わりました。歳とともに内容の理解度が変わってくる映画の1つかもしれません。当時感じなかった違和感なども今では感じられるようになりました。ヒッチコックならではの「ここぞ」とまでに鮮やかな伏線の回収は素晴らしかったです。



初めて観た時は、何よりも物語の「展開」こそが、サイコのすべてでした。しかし、今回は一言で言うなら「演出」に魅了されました。

登場人物の細かな演技、そして、見るべき所を見えるように丁寧に観客のもとに差し出してくれる映像制作にいたく感じ入りました。彼の映画人生を賭けて作っただけのことはあります…といっても、『ヒッチコック』を観た後だからこそ思ったことですが。

また余談ですが、マザコン男の演技は『マルホランド・ドライブ』のウィンキーズの男を彷彿とさせました。あの映画全体のテーマから鑑みても、リンチ監督は意図的にその「印象」を利用しているんでしょうね。音楽を聴くように感覚をフル動員して見る映画、それが『マルホランド・ドライブ』だと認識しています。なぜ、『サイコ』の投稿で『マルホランド・ドライブ』の話をしているんだろうかということは私も疑問です。


※メモ※

とある金持ちの言葉

(大金を使うことによって)幸せを買うのではなくて、不幸を追っ払うのさ。

ノーマン・ベイツの言葉

僕はこう思うんだ。人は皆、罠にかかっていてそれから逃れる事はできない。暴れてみても空しくお互いを激しく傷つけあうだけ。一歩も進めないのさ。




サイコ [DVD]
サイコ [DVD]

コメント

人気の投稿