いったい天皇陛下は「何に対して」国民の理解を得られることを切に願っているのか。

「天皇陛下、生前退位」といった、厳密には、不謹慎とも思えるような表現の見出しのニュースが流れてから数々の憶測が飛び交っていました。そんな中、本日2016年8月8日、天皇陛下ご自身がお気持ちを表明されました。

その動画も「お気持ち」全文にも触れていないという方は、まずは動画を見るなり、全文を読むなりして下さい。





戦後70年という大きな節目を過ぎ、2年後には、平成30年を迎えます。

 私も八十を越え、体力の面などから様々な制約を覚えることもあり、ここ数年、天皇としての自らの歩みを振り返るとともに、この先の自分の在り方や務めにつき、思いを致すようになりました。

 本日は、社会の高齢化が進む中、天皇もまた高齢となった場合、どのような在り方が望ましいか、天皇という立場上、現行の皇室制度に具体的に触れることは控えながら、私が個人として、これまでに考えて来たことを話したいと思います。

 即位以来、私は国事行為を行うと共に、日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。伝統の継承者として、これを守り続ける責任に深く思いを致し、更に日々新たになる日本と世界の中にあって、日本の皇室が、いかに伝統を現代に生かし、いきいきとして社会に内在し、人々の期待に応えていくかを考えつつ、今日に至っています。

 そのような中、何年か前のことになりますが、2度の外科手術を受け、加えて高齢による体力の低下を覚えるようになった頃から、これから先、従来のように重い務めを果たすことが困難になった場合、どのように身を処していくことが、国にとり、国民にとり、また、私のあとを歩む皇族にとり良いことであるかにつき、考えるようになりました。既に八十を越え、幸いに健康であるとは申せ、次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

 私が天皇の位についてから、ほぼ28年、この間私は、我が国における多くの喜びの時、また悲しみの時を、人々と共に過ごして来ました。私はこれまで天皇の務めとして、何よりもまず国民の安寧と幸せを祈ることを大切に考えて来ましたが、同時に事にあたっては、時として人々の傍らに立ち、その声に耳を傾け、思いに寄り添うことも大切なことと考えて来ました。天皇が象徴であると共に、国民統合の象徴としての役割を果たすためには、天皇が国民に、天皇という象徴の立場への理解を求めると共に、天皇もまた、自らのありように深く心し、国民に対する理解を深め、常に国民と共にある自覚を自らの内に育てる必要を感じて来ました。こうした意味において、日本の各地、とりわけ遠隔の地や島々への旅も、私は天皇の象徴的行為として、大切なものと感じて来ました。皇太子の時代も含め、これまで私が皇后と共に行って来たほぼ全国に及ぶ旅は、国内のどこにおいても、その地域を愛し、その共同体を地道に支える市井の人々のあることを私に認識させ、私がこの認識をもって、天皇として大切な、国民を思い、国民のために祈るという務めを、人々への深い信頼と敬愛をもってなし得たことは、幸せなことでした。

 天皇の高齢化に伴う対処の仕方が、国事行為や、その象徴としての行為を限りなく縮小していくことには、無理があろうと思われます。また、天皇が未成年であったり、重病などによりその機能を果たし得なくなった場合には、天皇の行為を代行する摂政を置くことも考えられます。しかし、この場合も、天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

 天皇が健康を損ない、深刻な状態に立ち至った場合、これまでにも見られたように、社会が停滞し、国民の暮らしにも様々な影響が及ぶことが懸念されます。更にこれまでの皇室のしきたりとして、天皇の終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ2ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、1年間続きます。その様々な行事と、新時代に関わる諸行事が同時に進行することから、行事に関わる人々、とりわけ残される家族は、非常に厳しい状況下に置かれざるを得ません。こうした事態を避けることは出来ないものだろうかとの思いが、胸に去来することもあります。

 始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。
 

 国民の理解を得られることを、切に願っています。

※動画の全文書き起こしについては、動画と照らし合わせて正しく起こされていると判断し、こちらから引用しました。

ここまで書いてから何なんですが、私は別に政治的に特に偏りはないと思っています、たぶん。右であろうと左であろうと、活発に議論を戦わし、より良い時代を切り拓いてくれれたらと切に祈るばかりです。恐縮です。ただし、天皇陛下の"知性溢れる存在感"については敬意を払っているということは前置きしておきます。

でですが、天皇陛下は結局なにが言いたかったんですか?

メディア各局のヘッドライン(および本文抜粋)はこんな感じ。
天皇陛下 お気持ち表明 外国メディアも速報
 (本文抜粋)生前に皇位を退く意向を遠回しに明らかにした
天皇陛下 お気持ち表明 象徴の務め「難しくなる」
 (本文抜粋)退位の意向がにじむ表現
天皇陛下“お気持ち”公表、「生前退位」強くにじます
天皇陛下「お気持ち」表明
天皇陛下、お気持ちを表明 ビデオメッセージ

まあ概ね、「退位の意向が感じられたよ、直接は言ってないけどね」っていう内容。ここに違和感があるんですよね。

対して、国民の声はどうかというと、ご年配の方々などはしきりに天皇陛下様のお言葉に心を打たれたとか、感動したとか、思慮深いとか、わりとポジティブな反応が多いように感じています。別にそれを否定するつもりは毛頭ありません。それは分かります。正直、私は最初全文書き起こしを拝見したのですが、よう分からんくて、動画でお声を拝聴し、たしかに心に染みたというか、非常に日本の象徴としてあるべき姿のように感じました。(なんだこの言い方…)

分かるんですよね、陛下のこれまでの経験からなる、お気持ちだったり苦悩なんてのは。非常によく分かりました。

じゃあ、このお気持ちの表明ってのは、

「こんなことを気にしてますよ、私の気持ち分かってね。こんなことって? これまでやってきたような象徴としての務めを果たすのが今後は齢を重ねるにしたがって徐々に難しくなったりするし、自分が天に召された後は周りのみんなが大変だし、ほら、はっきりとは言えないけどもう退位したいんだけど、言えないからその辺は空気読んでよ」

っていう表明だったんでしょうか。ざっくり言ったら。

――そうだよ。

というならこの話はおしまいです。さようなら。

ただ、私はそうじゃないと思い、筆を進めるに至ったという経緯になります。どういうことか。メディア各社が上記のように「退位の意向をにじま」せているという具体的文言的な根拠はここだと思います。

次第に進む身体の衰えを考慮する時、これまでのように、全身全霊をもって象徴の務めを果たしていくことが、難しくなるのではないかと案じています。

"そう、だから陛下は"退位"ができるようになることを望んでいるんだ” ですか? しかし、そうすると、ここのパートが引っかかるんですよ。

天皇が十分にその立場に求められる務めを果たせぬまま、生涯の終わりに至るまで天皇であり続けることに変わりはありません。

ここはむしろ、「退位の問題はデコイだよ」という"信号"に思えてなりません。

仮にもし”生前退位”をするようにできるためだったら、国民に対してお気持ちを表明される必要ってあるんでしょうか。皇室典範改正が必要なわけですよね。で、皇室典範を改正するには、一般の法律と同様に国会で審議し、可決、成立させる手続きを踏むわけですよね。

国民の理解を得られることを、切に願っています。

皇室典範改正のために、そんなに「国民の理解」、必要ですか? ここが一番の言いたかったところですか。そろそろ書き疲れたので…いきます。


■結論

始めにも述べましたように、憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません。そうした中で、このたび我が国の長い天皇の歴史を改めて振り返りつつ、これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ、ここに私の気持ちをお話しいたしました。 

もっと言うと、ここ。

象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ
ここが重要であるから、「憲法の下、天皇は国政に関する権能を有しません」とかいう前置きもあるし、「国民の理解を得られることを、切に願っています」という話にもなる。なぜなら、憲法の改正には、各議院の総議員の三分の二以上の賛成で、国会が、これを発議し、国民に提案してその承認(特別の国民投票又は国会の定める選挙の際行われる投票において、その過半数の賛成)を経なければならないですからね。

つまりは、陛下は退位に関してうんぬん言いたいわけではなく(個人的には今回のお気持ち表明、むしろ今のままなら俺頑張るよ、これまで通りには出来ないけどねっていう意思表明にも見えます)、象徴天皇制に対する陛下の強いお気持ちを表明されていたと捉えるべきなんじゃないでしょうか。

そう考えると、あのタイミングでの"生前退位"報道ってのも頷けるし、陛下は決死の覚悟で今回の件にあたっているようにも思えました、分からんけど。

以上、愚民の戯れ言でした。

[追記]
いちいち記事にせんでもロイターさんは冷静でした。
象徴天皇の務めが安定的に続くこと念じる=天皇陛下お言葉
まあ久々に熱くなれたので後悔はしていません。

コメント

人気の投稿